忍者ブログ
観劇の感想や、日々の呟きをぼちぼちと・・・
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[02/21 paco]
[10/30 paco]
[10/02 さりえり]
[08/18 さりえり]
[08/13 さりえり]
プロフィール
HN:
やみず
年齢:
37
HP:
性別:
女性
誕生日:
1980/08/15
趣味:
観劇 ゲーム まんが 時々手芸 などなど
自己紹介:
観劇暦5年。
ミュージカルが好きです。
東宝中心に四季や新感線などなど月に1~2本は観たいと思っていますが。が。

好きな役者さんは日々増加中。
ご贔屓は山口祐一郎さんと吉野圭吾さんです。

漫画やゲームが好きな腐りかけのオタク女です。
及川光博さん、吉井和哉さん(the yellow monkey)のFANでもあります。
カウンター
アクセス解析
バーコード
[321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「野田版、研辰の討たれ」
観てきました。
シネマ歌舞伎。お勧めです。

後で感想文でも。

***************
追記

東銀座の東劇へ18:50~の回を観に行ってきました。
この映画館では1日5回、とりあえず1月いっぱい上映中。
全席指定ですが、みたところ平日の夜はガラガラなので、
当日券でも難なく観れると思います。

歌舞伎なんだけど、野田版だけあって?現代劇を取り入れた喜劇。
17年5月収録とあったので、中村勘三郎襲名披露で上演したものですね。
七之助がやじきたの衣装で出てきたり、当時流行のお笑い芸人のネタをパロったりと
始終笑いが絶えない舞台でした。
でも散々笑わせておいて、最後はお題をドーンと突きつけて終わりって感じ。

辰次役の、勘三郎さんはすごい。
そして、出演者の皆さん当然のように所作が美しい。あっぱれじゃ!
女形ってすごいなぁー
染さまの女形見たいなぁー(笑
あのハスキーで甲高い声で。素敵じゃろなー

あと本公演のときは、襲名披露公演ということもあり、良い席で見ようと思ったらチケット代4万近く払わないといけなかった記憶・・・。それを考えると、シネマ歌舞伎なら良いトコ取り1800円(前売り)。あっぱれじゃ!
かなりお得な気分でした。

歌舞伎に興味のある方(コレはちょっと本との歌舞伎じゃないけど^^;)
若い人とか、チケ代高くて手が出せない方たちにお勧めです。
東京だけじゃなく、全国の映画館で上映予定らしいので、チェックチェックしてみてくださいね。あっぱれじゃ!

野田版ねずみ小僧も観たくなったー
上映予定ないのん?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]